髪の毛を増やしたい人がやるべきこと5選|育毛と発毛の違いとは?

髪の毛を増やしたい!と、さまざまな方法を試している人は、本当にそのケアが正しい方法なのか、確認してみてください。 間違った方法を続けていても、効果がでません。 せっかく努力しているのですから、正しい増やし方を学びましょう。 ここでは、髪の毛を増やす方法と、発毛と育毛の違いを解説しています。 ぜひ参考にしてみてください。  

男性と女性では改善方法が違うの?

薄毛の原因に男女差で大きな違いはありません。 ただ、薄毛治療に関しては、男性ホルモンに作用するお薬は女性に使用することができないので、薬の処方の仕方が変わります。 薄毛治療以外の改善策は、性別関係なく、同じ方法で問題ありませんが、育毛剤やシャンプー剤などは肌質を考慮したものを選ぶのが望ましいです。 男性は脂性肌が多く、女性は乾燥肌が多いといった統計的な情報から作られている製品もあります。 自分の肌質を確認しておくと、ヘアケア用品を選ぶときに役に立つでしょう。  

発毛と育毛の違い

髪の毛を増やしたいという人は、発毛と育毛の違いについて知っておきましょう。 発毛とは、減ってしまった髪の本数を増やすという意味です。 なくなってしまった髪の毛を増やすことは、セルフケアでは難しいので、発毛したいという人は、薄毛治療を行うとよいでしょう。 育毛とは、言葉の通り、今の自分に生えている髪の毛を、太く強い髪に育てるという意味があります。 増やすことはできませんが、セルフケアの継続で効果が出た場合、毛髪が太く強くなることで、増えたように見えます。 AGA治療にお金をかけたくないという人は、セルフケアで育毛に励んでみましょう。  

髪の毛を増やしたいときにやるべきこと5選

髪の毛を増やす方法で、もっとも効果的なのは「発毛」+「育毛」です。 しかし、「発毛」まで行うのは難しいという人もいるでしょう。 自宅で簡単に実践できる方法もあるので、取り入れてみてください。  

バランスのいい食事を心がける

バランスのいい食事は、育毛効果を促すだけでなく、頭皮環境を整える作用もあります。 中でも積極的に摂取したい栄養素は以下の通りです。
  • タンパク質
  • ミネラル
  • ビタミン
  • イソフラボン
  • コラーゲン
 

タンパク質

人の身体のほとんどの部位がタンパク質で構成されており髪の毛の7〜8割は「ケラチン」というタンパク質で成り立っています。 ただし、ケラチンはタンパク質を摂取しただけでは合成されません。 ケラチンを効率よく摂取するには、亜鉛が必要になるので、同時に摂ることが重要です。 しかし、生きるために必要な部位の栄養補給が優先されるので、髪の毛は後回しになることが多いです。 とくに体力を使う仕事などで、1日の活動量が多い人は、タンパク質を多目に摂取するとよいでしょう。  

ミネラル

育毛に有効なミネラルは、「亜鉛」「ヨード」です。 先述したように、亜鉛は髪を構成する成分のケラチンの合成と、AGA(男性型脱毛症)の要因となる酵素5αリダクターゼを抑制する作用があります。 育毛するうえで、亜鉛は欠かすことのできない栄養素です。 髪の毛は毛母細胞の分裂と再生により形成されますが、それを助長してくれるのがヨードです。 過剰に摂取しようとせず、バランスのよく摂るように心がけましょう。  

ビタミン

髪の成長に大きな役割を持つビタミンは「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンC」です。 ビタミンB2には、抜け毛の原因となる頭皮の皮脂を抑制し、毛母細胞の分裂の促進と再生に関与しています。 ケラチンの合成を助けてくれるビタミンB6も重要なビタミンですが、過剰摂取すると末梢感覚神経障害や感覚神経障害を引き起こす可能性があります。 18歳以上の男性で1.4mg、女性で1.2mgの摂取が推奨されているので、1日の摂取量には注意しておきましょう。 ビタミンCには、次のような役割があります。
  • 毛細血管の血流改善
  • ケラチンや亜鉛の吸収をサポート
  • コラーゲンの生産を促す
ビタミンCは非常に壊れやすいビタミンなので、とくに喫煙習慣がある人はこまめに摂取することをオススメします。  

イソフラボン

イソフラボンは、女性ホルモンの減少が要因となる女性の薄毛にも効果が期待できる栄養素です。 AGA(男性型脱毛症)の原因である、5αリダクターゼの抑制効果もあるので、男女ともに摂取することをオススメします。  

コラーゲン

毛髪を形成する毛母細胞は、毛包にある毛包幹細胞から作られています。 コラーゲンは、この毛包幹細胞を保護し、頭皮環境を整える役割があります。 効率よく摂取するには、ビタミンCと鉄を一緒に摂るとよいでしょう。  

正しいヘアケアを行う

シャンプーは肌質に合ったものを選びましょう。 乾燥肌の人が洗浄力の高いシャンプーを使用すれば、過剰に皮脂を取りすぎてしまい、乾燥が進行すると、余分な皮脂が分泌されます。 皮脂が多い人は洗浄力の高いシャンプーを使用するかと思いますが、アルカリ性のシャンプーであることが多いです。 人の肌pHは弱酸性なので、コンディショナーでしっかり戻しておきましょう。 坊主のように極端に短い髪型でなければ、シャンプー前にブラッシングしておくと、汚れも落ちやすくなるのでオススメです。 シャンプーは1日1回、指の腹を使い、すすぎ残しがないように注意してください。 すすぎ残しは頭皮環境を悪化させ、薄毛の原因になります。 シャンプーした後は、ドライヤーでしっかり乾かすことも重要です。 濡れていたり、湿った状態で放置すると雑菌が繁殖し、フケやかゆみ、ニオイの要因となり、頭皮にダメージを与えてしまいます。 正しいヘアケアを行い、育毛していきましょう。  

質のいい睡眠をとる

育毛に質のいい睡眠が重要視される理由は、睡眠中に分泌される「成長ホルモン」が育毛に関与するためです。 成長ホルモンは、育毛する上でもっとも重要な栄養素であるタンパク質の代謝を高める作用があります。 そのため、ほとんどがタンパク質で構成されている髪の成長を促してくれます。 深い眠りに入っているときに、成長ホルモンの分泌量が増えるので、7〜8時間の睡眠が望ましいですが、最低でも5〜6時間は睡眠時間を確保しておきましょう。  

頭皮の血行を促す

髪に必要な栄養素は、血液によって運ばれます。 頭皮の血行を促すことで、栄養が行き渡りやすくなり、健康な髪に成長します。 頭皮の血流をよくするには、スカルプ(頭皮)マッサージと適度な運動です。 大きな筋肉が衰えると血液の循環が悪くなるため、筋トレを行うのもよいでしょう。 頭皮のマッサージは、湯船に浸かっているときや、お風呂上りなどに行うと血行促進効果が高まります。 シャンプーする際に、シャンプーブラシや頭皮マッサージ器などを利用するのもオススメです。 シャンプーブラシは100均などでも販売されているので、安くて簡単に手に入れることができます。  

AGA治療を行う

育毛ではなく、発毛が期待できるのがAGA治療です。 AGA(男性型脱毛症)は、遺伝や男性ホルモンが関与しており、年齢関係なく発症する可能性があります。 植毛や注射といった方法もありますが、基本的には外用薬と内服薬で治療を行っていきます。 確実に髪を増やしたいという人は、薄毛治療も検討してみましょう。  

爆速で髪の毛が増えたように見せる方法

薄毛隠しスプレーCAX 育毛するにも時間がかかり、継続できなければ十分な効果が出ることはありません。 「髪の成長を待っていられない!」「育毛なんてめんどくさい」と思っている人は、薄毛を爆速で隠すことができる『CAX』がオススメです。 使い方はとても簡単で、ドライヤーで髪の毛をセットし、10cmほど離してスプレーするだけ。 同じく薄毛に悩む、goodbody株式会社の宮本社長も愛用しており、瞬時に薄毛をカバーしています。  
水や風にも強く、落ちにくいので、汗をかいても黒い液体が垂れてくるといった心配がありません。 ただし、強くこすってしまうと落ちてしまう可能性があるので注意してください。 「イメージと違う」「上手く隠せなかった」といった場合は全額保証つきなので、安心して試すことができます。 薄毛の品格を磨いている、ブラマヨ小杉さん出演の「ホンマでっか!?TV」で紹介されると、売り切れ続出の大反響を呼びました。 初回購入の人は1,980(税込)なので、売り切れてしまう前に試してみてはいかがでしょうか?  

まとめ

セルフケアで薄毛を改善するには、育毛という選択肢しかありません。 しかし、諦めずに毎日継続することで、「髪の毛が太くなった」「何だか髪が増えた気がする」といった変化が出てくることでしょう。 「継続する自信がない」「めんどくさい」という人は隠すという選択肢もあります。 無理がなく、ストレスにならない範囲で、自分に合う薄毛対策をしてみましょう。

\公式ショップ限定66%OFF/

CAX公式ショップはコチラ!